インターネットで自動車を購入する際、よく予備検査済みと表示されている場合があります。

 

自動車予備検査とはナンバープレートのついてない車(新車・一時抹消した中古車)に適応するもので、これを受けることにより登録時の新規検査を受けなくて済む(省略することができる)ことができるのです。

 

自動車予備検査書

 

新規検査とは国が定めた保安基準(安全性だとか環境適合だとか)に適合してるかどうかを検査して、適合してれば重量税や自賠責保険といった法定費用を納めて、有効期間がもらえるものです。(いわゆる車検ですね。)

 

この自動車予備検査を受けることによって、自動車の新規登録時に運輸支局などに車両を持ち込まなくてもいいことになります。

 

軽自動車の新規登録の場合は書類のみで手続きが済みますし、管轄の運輸支局・軽自動車協会がある地域よりも遠方の自動車販売店から車を購入する場合などは特に、この予備検査を受けておくことによってスムーズに新規登録できるわけです。

 

予備検査は、管轄の運輸支局で検査を受けることが必要となります。

 

予備検査には有効期限があり、検査から3ヶ月以内に登録しなければ、抹消登録した状態に戻ってしまうので注意が必要です。

 

とはいっても予備検査を受けるのは、自動車販売店がほとんどなので心配はいらないと思いますが、抹消登録した中古車を個人間で売買する際などにも、予備検査は受けておいたほうがいいですね。

 

当事務所では、予備検査後のお車の新規登録手続きを代行しており、県内外の自動車販売業者様より多数ご依頼をいただいております。

 

手続きの詳細はこちらをご参照ください。

0012197

普通自動車の新規登録手続きはこちら>>普通自動車新規登録

軽自動車の新規登録手続きはこちら>>軽自動車新規登録

 

当事務所では、ひとりひとりのお客様に対し、自動車手続きを通じ、最高のサービスを提供することを目的として、手続き業務を行なっております。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!!

お問い合わせ・ご依頼はこちらから

スマートフォン・携帯電話からのお問い合せはこちら⇒0236666338